スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUCクシャトリヤ製作記 隠し腕ビームサーベル

どーにかこーにか出来ました。
予想通り表面処理に大苦戦でした。
バインダーだけで8時間以上かかってるのではないだろうか?
ちなみにバインダーの一番大きいパーツは非常に優秀で、
あのサイズでヒケは上部に一か所大きいのがあるだけでした。
なのでバインダーは全体を表面処理しているわけではないです。
時間節約です。
仮に全体やってたらもう2時間は表面処理に時間を取られていたでしょうね。

で、以下本題の隠し腕のビームサーベルです。
ちなみに隠し腕のビームサーベルは30分くらいで出来ましたw
まぁ簡単に出来そうでしたしね。

3㎜の曲がるプラ棒を削ったもの
P1010184.jpg
接続は真鍮線で行います。

隠し腕
P1010186.jpg
P1010185.jpg
1㎜の穴を空けます。

接続
P1010187.jpg
差し込むだけです。

フル展開
P1010189.jpg
塗装がまだなのでちょっとわかり難いですが。
結構威圧感がありますw

肩の可動をもうちょっと何とかするべきだったかなぁ。
独特なのでいじり難すぎたんですよねぇ。
ま、仕方ないです。
案も浮かばなかったし。
これで一応塗装に入れます。
明日にはサフが吹けますね。
完成までもう一息。
頑張ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。