HGUCクシャトリヤ製作記 ファンネル・ファンネルコンテナ

さて、やっと形になりましたので写真をうpします。

とりあえずどのように可動するか、を
初期状態
P1010162.jpg
手前に外装(緑の部分)を引き出します。
P1010163.jpg
で、持ち上げる。
P1010164.jpg
可動自体はこんなもんです。

次はパーツ構成などを
パーツ分割
P1010156.jpg
まぁ、これは簡単

ファンネルコンテナ
P1010158.jpg
黒い線の外側を切ります

可動軸
P1010165.jpg
アップ
P1010166.jpg
結構試行錯誤しました。
一応何となくこんな感じになるんだろうなとは思っていたのですが、
やってみるとホントにしんどかった。
ちなみにまだ未完成。
ディテールアップする際にもうちょっと何とかしないと可動が安定しない。

外装(?)接続部分
P1010167.jpg
普通にパテで型を取り接着しただけです。

次はファンネル関係
接続方法
P1010159.jpg
キットのままだとあまりにもあれだったので。
2ミリプラ棒(曲げれるやつ)がちょうどいい感じになってくれたので接続に使用。

コンテナ
P1010160.jpg
上の写真の白い奴をくっつけただけです。
角度調整が若干面倒でした。

こんなところですかね。
このファンネルコンテナの独立可動、
電ホ11月号の資料を見たとき
「やるしかねぇ!!」
と思い頑張りました。
正直、初めはかなり簡単に考えていて
「パーツを分割すれば簡単に出来るだろう」
位の考えでした。
そのせいで泣きを見ることに・・・orz
思った以上にクリアランス調整に手間が掛かり、
可動軸の追加もかなり四苦八苦しましたwww
その苦肉の策が外装の引き出しです。
ファンネルの接続方法変更も簡単に考えていたのですが
角度がかなりひどい事になっており
キット+45度位になってしまいました。
まぁこれは流石に諦めましたけど。
・・・ん?可動軸を追加すればいけるのか?
これを書いてる現在進行形でなんか思いついた。
やってみますかwww

一応残る改修はファンネルコンテナの可動隠しの為のディテールアップ位です。
長かったなぁ・・・
いや、まだ終わりじゃないけど。
とはいえやっと終わりが見えてきたので頑張っていきますよ!!