スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩の可動軸の変更

じゃ、肩の可動軸の説明をば

やったことは単純でボールジョイント(以下BJ)を埋め込んだだけです。MGにBJは機械っぽさが無くなるのでよろしくないのですが、もう時間も無いので仕方ない。
NEC_0321.jpg
見難いですが首の可動軸の下の土台(?)の部分に3ミリ穴を空けます。

NEC_0320.jpg
で、BJを差し込みます。普通に差し込んだらサイズが合わず干渉してBJが斜めになってしまうのでBJの受け手の下の部分を削ってあります。

NEC_0318.jpg
肩のフレームです。分かり難いですが外装を差し込む部分まで切ってあります。差し込む部分の下半分ほども切ってあります。

NEC_0316.jpg
上のやつにBJを接着。これでは強度がかなり不安なので

NEC_0315.jpg
瞬接を盛った後さらにパテを盛り強度UP。後は形を整えます。

NEC_0319.jpg
肩の装甲部分です。上記のフレームの強度確保の為、若干切り落とさざるを得ませんでした。まぁこれでもしっかりはまってくれるので無問題。

NEC_0317.jpg
肩を可動させた際に干渉してしまうため黒く塗った部分(写真中心部)を切ります。

NEC_0314.jpg
で、試しにつけてみる。前から見ると悪くないですが・・・

NEC_0313.jpg
横から見るとこんな感じで穴が開いています。塞ぐべきだったんですが、塗装の事を考えると時間が無かったのでこのままでいきますorzまぁ、腕をつけてしまえば目立たなかったのでいいかなぁと。もうちょっと早く思いついていれば違ったのですが・・・

大体こんな感じです。やってみたもののいまいち効果が薄いですね、これ。特に可動範囲にこだわりが無い人や自分みたいに可動軸が壊れたって人以外はしない方がいいですよ。面倒ですしね。何よりもっといい方法があるはず。ぱっと見初期フレームをちょいといじれば何とかなりそうだったのですがね・・・いまさらいっても仕方ないですが。

残るは塗装です。失敗しないように気をつけつつ頑張っていきます。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

dmc sparda

Author:dmc sparda
趣味 ゲーム・プラモ(キャラクターモデル)etc・・・
職業 サラリーマン(製造業)

やった事のない事に挑戦してこそのモデラーだと思うんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。