コトブキヤ レッドファイブ製作記 台座・光の翼

P5290046.jpg
レッドファイブ製作記第Ⅸ回です。
今回で改修記事は終了。
次回製作記は完成写真になると思います。
いつになるかは知らんがな!

そんなわけでいつも通り続きからドゾー
P7300144.jpg
バックパック。
バンダイのアクションベースに付属しているパーツが指し込めるように一部開口。
付属パーツの方も使いやすいように形状変更。

P7300146.jpg
こんな感じで刺さります。

P7200114.jpg
以上の作業でバンダイアクションベースが使用可能に。
キットに台座自体は付属しているのですが、股下(?)接続なのと保持力の不安から出来れば使いたくなかったので使い慣れた台座が使えるようにしてみました。
接続も股下からバックパックに変更したのでポージングもしやすくなると思います。

さて、本命の光の翼なんですが
光の翼1
一番印象に残ってるのはこのシーン。
ですがこのシーンそのまま再現するとサイズがヤバイってレヴェルじゃなくなる。

光の翼2
なのでデザインは上のシーン。
サイズはこのシーンを参考に製作しました。

P8060152.jpg
とりあえず適当に下書き。

P8090155.jpg
で、下書きに合わせて0.4mm透明プラ板を切り出し。
幾つか分割して切り出して0.5mm真鍮線でそれぞれを接続。
これによって光の翼自体にある程度の可動ができるようにしてます。
本体との接続はアームアームズの関節を流用。
ウイングと光の翼の差し替え方式となっております。

P8100158.jpg
P8100160.jpg
後はダイソーで売ってるパールカラー折り紙を貼ってやる。
この折り紙、非っ常に良い色合いをしてるのでなかなかに便利。
オススメ商品ですわ。

とりあえず作ってみたけど、改良点も多かったです。
とりあえずもし万が一真似するなら0.4mmプラ板は使わないほうがいいです。
柔らかくてくねくね曲がるので表情が付けにくいと思います。
まぁ逆を言えばプラ板で表現しにくい曲線がうまくやれば表現出来るって事なんですが。
後は真鍮線での可動。
よく動くのですがもうちょっとうまいこと考えないと保持がしにくいですね。
光の翼に関しては要研究ですw

さてレッドファイブの現状ですが、未だ塗装中です。
塗り分けが多くて死にそうです。
マスキングだけで5時間とか掛かります。
それが既に5回ほど発生しております。
心が折れそうです。
まぁ着実に進んではいるので気長にお待ちください。

それでは今回はここまで。
また次回までごきげんよう。
使用キット一覧
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

すーぱーふみなエロすぎ抜いた
プロフィール

dmc sparda

Author:dmc sparda
趣味 ゲーム・プラモ(キャラクターモデル)etc・・・
職業 サラリーマン(製造業)

やった事のない事に挑戦してこそのモデラーだと思うんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード