スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コトブキヤ レッドファイブ製作記 武装

P5290046.jpg
レッドファイブ製作記第Ⅷ回です。

今週は武器。
まさか今週の更新に間に合うとは思わなかったじぇ・・・
これで完全に写真のストックがなくなりました。
それではいつも通り続きからドゾー
P7260139.jpg
88式ビームキャノン。
砲口を開口して普通に接着処理。

P7260132.jpg
88式機動蛇剣 ヘビーマチェーテ。
肉抜きを埋めてこちらも普通に接着処理。

P7260129.jpg
90式多目的複合砲HMランチャー/マルチランチャー。
矢印部分の返りを切り取って回転部分の後ハメ加工。

P7260131.jpg
同武装砲身。
矢印部分を切り欠いて後ハメ加工。

この多目的複合砲、後ハメ加工に手こずるだろうなぁと思ってたんですが、
案外簡単に出来ました。
上記二つの加工だけで残りの合わせ目は接着処理で問題なく行けました。

P7260134.jpg
89式B型荷電粒子砲(HEPビームキャノン)/HEPキャノン。
写真の位置で分割位置を変更。
他の合わせ目は接着処理。

P7260136.jpg
砲身の内側(?)に合わせ目が出るのですが、接着すると処理が非常にめんどくさいことになるので0.5mmプラ板で蓋を新造。

P7260127.jpg
90式遠距離多目的複合砲ロングボウ。
砲身部分。
地味に3色使用の部分なのでなんとか後ハメ加工できないか考えてたのですが、
どう考えてもマスキングしたほうが楽な配色してたので開き直って接着処理しました。

P7260125.jpg
同武装基部。
結構ガッツリ合わせ目が出るのですが、可動がかなり絡むパーツなので接着処理の選択肢は無し。
かと言って段落ち処理も製作上の縛りから使用不可。
という訳で0.5mmプラ板を貼って合わせ目を誤魔化してみました。
下手したら段落ち処理よりも簡単な処理方法かもしれないです。

P7260117.jpg
同武装可動アーム。
写真のように切り離します。

P7260119.jpg
その後、写真のようにパーツ形状を活かして3mmピンを削り出し。

P7260121.jpg
そこにアームアームズの関節を接続できるように改造。

P7260123.jpg
バックパックに3mmの穴を開けて接続。

P7300149.jpg
以上によりロングボウに横スイングの可動軸を追加。
仮組の時点でかなり表情がつけにくい武装だと感じていたので可動軸を増やしてみました。
副産物としてヴェスバーの様に脇の下を通して持てるように。
劇中でこんなポージングした覚えは全くないけどそれなりにかっこいいからよし。

武装の改修内容は以上になります。
これでキットのほぼ全ての処理が完了となりました。
つまり来週の記事の内容が無いんですねぇ。
さて、どうしたものか。
一応まだ光の翼を作ってないのでそれが完成すれば紹介しますが、いつ出来るやら・・・

そんなこんなで来週に不安を覚えつつ今回はここまで。
それでは今回はここまで。
また次回までごきげんよう。
使用キット一覧
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

うpしてある写真に矢印が書き込んであるが、何かソフト使って書いてるのかお?ペイントツールじゃそんなに綺麗に書けないお。どうしてるのかお (`ω´*)
ちな、ユニコーンの顔の変形方法が載ってる設定資料持ってないかお?PGのニセ変形方法じゃ駄目だお。探してるんだお。ググってもヒットしないお (`ω´*)
ジャンプの新連載のレディ・ジャスティスで毎週ティッシュを大量に使うspardaさん教えてほしいお。( ^ω^)おっおっお
プロフィール

dmc sparda

Author:dmc sparda
趣味 ゲーム・プラモ(キャラクターモデル)etc・・・
職業 サラリーマン(製造業)

やった事のない事に挑戦してこそのモデラーだと思うんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。