コトブキヤ レッドファイブ製作記 ウイング

P5290046.jpg
レッドファイブ製作記第二回はじめマース。
今回はウイングです。
結構長くなりますので暇なときにでも読んでやってください。

それではいつも通り続きからドゾー
P5120018.jpg
これがウイングの全体像になります。
そこかしこに合わせ目が出ます。

P5120018(2)
で、今回処理したのが矢印の部分。

下の矢印二つは白いパーツの合わせ目処理部分なんですが、ここを何とかしてやるだけで白いパーツは接着しなくて済みます。
白いパーツを接着しなくて済めばウイングの処理はかなり楽になると思います。

左側の赤いパーツの矢印は、この赤いパーツが接続されている金色のパーツに合わせ目がガッツリ出ます。
金色のパーツを接着処理する為に赤いパーツを加工して後ハメ加工します。

右上の矢印の赤いパーツがウイングの合わせ目処理において最大の問題点です。
このパーツ、挟み込み式の可動軸となっておりまして、そのまま接着すると塗装が大変。
段落ち処理にすると(自分としては)デザインに違和感がでる。
かと言って分割位置の変更が出来そうなパーツ形状もしていない。
といった具合です。

とまぁウイングの改修点を列挙したところで実際の改修内容を見ていきましょう。
P5160021.jpg
白いパーツの右側矢印の部分です。
ここは素直に段落ち処理にしてあります。
まぁこの程度の段落ちなら違和感はないでしょう。

P5160020.jpg
白いパーツの左側矢印の部分です。
ここの合わせ目は分割位置の変更で対処。
片方に寄せてあります。

P5110011.jpg
左側の赤いパーツです。
写真のように切り欠いて後ハメ加工してあります。

P5110003.jpg
で、問題の右上矢印部分の赤いパーツです。
ここは結論から言えば後からパーツを指し込めるようにパーツを改造しました。
まずは写真のように可動軸部分を切り離します。

P5110005.jpg
で、この切り離した可動軸パーツを
P5110009.jpg
こんな感じで1mm程度の平らなパーツになるようにさらにカットします。
使うのは右側のパーツのみです。

P5120013.jpg
P5120014.jpg
で、可動軸がくっついていたパーツに写真のようにプラ板で蓋をしてさっきのパーツが指し込めるようにします。

P5120015.jpg
後は先ほどの切り離した可動軸パーツを入れた状態で右上矢印のパーツを接着してやればおkです。
これで可動を生かしたまま段落ち処理をせずに合わせ目を接着できます。
とはいえこの方法、明らかに割が悪いです。
こんな手間暇掛けるなら素直に段落ち処理か塗装時に頑張ったほうが確実だと思います。
自分が今回わざわざこんな方法をとった理由は前々回の記事に書いた通りの縛りの為ですので。

ちなみにこのパーツの合わせ目を接着処理する際にはちょっと気を付けないとかなり悲惨なことになります。
自分はこのパーツの接着を流し込みタイプのセメントを使って行ったのですが、
セメントが可動軸まで流れ込んでしまい可動軸が完全に接着されてしまいました。
そう、ここまで手間をかけておいて最後の最後で致命的なミスをしてしまったんですね。
なので
P5170024.jpg
写真のように赤いパーツの中をくりぬいてスペースを確保。
下から指し込めるように可動軸を新造して対処しました。
いやー、キツかったですよw

ウイングの合わせ目の処理は以上となります。
これから作られる方がいましたら素直に段落ち処理を多用しましょう(戒め)。

次回なんですが、ちょっとどうなるかわかりません。
ガンプラ王の二次選考突破作品が公開されるのが17日でして、
そこで落ちてたらAGE-1の完成写真を公開したいと思います。
もし通ってたりしたらレッドファイブの腕部の改修記事になります。
まぁ十中八九AGE-1の完成写真になるとは思いますがw

それでは今回はここまで。
また次回までごきげんよう。
一番下にコメント返信アリ。
使用キット一覧


コメント返し
御影さん>
ええ、ええ、仮組みの段階でキツいのはわかりきってましたよw
なので当初はAGE-1の前に製作予定だったのですが、ガンプラ王の締切を考えて順番を入れ替えた次第でございます。
で、レッドファイブに苦戦してるのは上記の記事を見てもらえば一目瞭然という事でw
頑張って作っていきます・・・
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

物凄い後ハメ処理ですね。僕はあっさりと段落ちに逃げてしまったので尊敬するばかりです。

ちなみにガンプラ王の2次予選通過作品は12日に発表済みだったりします。僕もspardaさんも残念な結果でしたがオープン部門だとわずか26作品しか通過しないのでちょっと厳しすぎたかもしれませんね。
お互い次は2次予選も通過できるような作品を作れるように頑張りましょ~
プロフィール

dmc sparda

Author:dmc sparda
趣味 ゲーム・プラモ(キャラクターモデル)etc・・・
職業 サラリーマン(製造業)

やった事のない事に挑戦してこそのモデラーだと思うんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード