HGアストレイゴールドフレーム天ミナ製作記 オリジナル完成写真・動画


長らくお待たせしましたHGアストレイゴールドフレーム天ミナガンプラ王用オリジナル武装の完成写真になります。
先に動画をうpしていまして、試しに脳内設定見たいかどうかを聞いてみたところ思った以上に聞きたい方が多かったので脳内設定込みで写真をうpします。
そういうのが嫌いな方は読み飛ばしてくだしあ。
読む人は凄まじく長いので覚悟してくださいw
それではいつも通り続きからドゾー
P4270145.jpg
P4270147.jpg
『ガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナ改』
アメノミハシラ宙域防衛・制圧用に改修された天ミナ。
本来アメノミハシラ防衛には天ミナの武装で十分であった。
が、もし天ミナでは対応しきれない大軍やワンオフ機が現れた際の備えとして設計・開発された。
単機でのアメノミハシラ宙域の制圧を想定している為、機動力・移動力が異常といっていいほど強化されておりバックパックとサイドスカートはほぼバーニアの塊である。
シルエットが天ミナとは大きく変わっているが武装の多くは天ミナの発展系である。

P4270149.jpg
P4270151.jpg
『マガノイクタチ弐式』
右腕に装備された大型特殊兵装。任意でパージ可能。
天ミナで背中に装備されていたマガノイクタチの発展武装。
基本的な機能はマガノイクタチと同様だが小型化・出力強化されており取り回しも考慮して右腕に装備された。
パワーの吸収は変わらず掌で掴むことによってしかできないが、出力強化により右腕を覆う形でフィールドが形成されておりビームライフル程度のビーム兵器なら右腕全体で拡散・無効化させることができる。
とはいえあくまで右腕で拡散・無効化させる事が可能なのはビームライフル程度まででありスキュラやバラエーナクラスのビーム砲やビームサーベルになると拡散しきれずに被弾・ダメージを負ってしまう。
ただし掌だけは別で掌でならばスキュラやバラエーナクラスでも拡散・吸収が可能。
ビームサーベルでさえ掌でなら掴み取ることが可能となっている。
また、パワードレッドの技術が流用されており片手でMSを投げ飛ばすことが可能な程のパワーがある。

P4270157.jpg
P4280159.jpg
P4280162.jpg
P4280163.jpg
P4280167.jpg
『二連装ビームライフル』
上下2つの砲門が付いたビームライフル。
上下の砲門の発射間隔を調整することによって三種類の攻撃が可能。
①上下を交互に発射
  通常のビームライフルよりもかなり早い連射が可能。
②上下を「ほぼ」同時に発射
  被弾時に衝撃が連続で起こることで敵の体制を大きく崩したり、より「深く」ダメージを与えることができる。
③上下を同時に発射
  このビームライフルは一定距離で上下で射線が交わるように設計されており
  同時に発射し一定距離に到達するとビーム弾同士が接触し爆ぜる。
  目くらましの弾幕として非常に有用。

P4280175.jpg
P4280176.jpg
P4280169.jpg
左腕には実体剣(後述)とその鞘が装備されている。
この鞘事態にも攻撃力が付与されておりビームサーベルが搭載されている。
また、ブースターも搭載されており鍔迫り合いになった場合や攻撃の加速において有用。

P4280178.jpg
P4280182.jpg
P4280187.jpg
P4280190.jpg
P4280196.jpg
P4280197.jpg
『フツノミタマノツルギ』
バーニアを内蔵した大型実体剣。
バーニアを最大出力で用いた場合、フェイズシフト装甲すら切断可能な火力を持つ。
強力な対ビームコーティングが施されておりビームシールドを突破可能でありビーム兵器全般に耐性がある。

P4280199.jpg
P4290202.jpg
ヴォワチュール・リュミエール『光の翼』
天ミナ改の設計・開発にはジャンク屋ロウ・ギュールが関わっておりそこからの技術供与である。
背部スラスター上部がスライドして発動する。
発動すると機動力・運動性が向上する。
基本的にはただの大軍相手であれば通常の状態で十分対応が可能な為、対ワンオフ機や対エース用の奥の手のような形で運用される。

P4290210.jpg
P4290216.jpg
P4290217.jpg
ドラグーンシステム『マガノシラホコ弐式』
機体背部に搭載された六機のビームサーベル式ドラグーン。
天ミナに搭載されていた有線式の槍マガノシラホコをドラグーンとして発展させたもの。
単機による宙域制圧を想定している為、有線式のマガノシラホコでは対応しきれないと考えられた事から無線式のドラグーンとされた。
もとよりロンド姉弟は天ミナに搭載されていたマガノシラホコをドラグーンのように扱えていた事からパイロットとの相性は良好。
また、ビームサーベルを発振していなければミラージュコロイドの展開も可能で敵に感知される事無く敵周囲に配置・展開することが可能。
ただしエネルギー消費が非常に激しくなる為ミラージュコロイド発動後にドラグーンを突撃させた場合もう一度突撃させるだけのエネルギーは残らず、すぐさま本体に接続しエネルギーチャージの必要がある。

P4290221.jpg
先述した通り、マガノイクタチ弐式は任意でパージ可能。

P4290222.jpg
P4290228.jpg
P4290231.jpg
P4290232.jpg
実体剣『ムラサメ』
左腕鞘に装備された実体剣。
切れ味のみを追求して作られており特殊な機能は全くないにもかかわらずビームシールド・フェイズシフトさらにはビームサーベルすら切断可能。
極度に切れ味を追求した為かビームサーベルやビームライフルを「受け止める」だけで簡単に折れてしまうであろう非常に低い耐久値となってしまった。
二つの意味で「防御不能」な武器となっている。
上記の脆弱性から常に使うとコストが掛かり過ぎるとの判断から普段は使用しない通常の右腕で扱う武器として左腕に配置されている。

P4290238.jpg
『フツノミタマノツルギ』と『ムラサメ』の開発コンセプト
全く方向性の違う二つの実体剣であるが開発コンセプトは同じである。
大元のコンセプトは「対ワンオフ機に対する確実な打点になり得る武装」。
ワンオフ機にビームシールドの装備が普及しだしており、
①対ワンオフ機用の武装にはビームシールド突破性能が欲しい事
②フェイズシフト装甲の破壊はビーム兵器でなくとも可能である事が証明されていた事
以上の2点から「ビームシールドを突破してフェイズシフト装甲を切断可能な実体剣」がフツノミタマノツルギとムラサメの開発コンセプトとなった。

P4290243.jpg
P4290247.jpg
P4290250.jpg
バックパック下部に装備されたビームサーベル。
アストレイシリーズに装備されているビームサーベルと同じものである。
他の武装が強力である為ほとんど使用は想定されていないが、装備していても困らない事とほかの武器が破壊された場合の緊急的な武器として搭載された。


以上、完成写真と脳内設定でした。
書くのにめっちゃ時間かかったぜぃ・・・

動画に関してなんですが、どうもニコニコムービーメーカーではタブレットやスマホから視聴すると画質が酷い事になるらしく、それでは寂しいので完成写真と脳内設定のみの動画を別の動画編集ソフトを使って製作しようかと思っています。
まだ対して調べてはいないのですが紙芝居クリエーターとかいうのを使ってみようかと。
現状、時間だけはあるのでちょっと調べてみますw

それでは今回はここまで。
また次回までごきげんよう。
使用キット一覧
スポンサーサイト

comment

Secret

オリジナルモビルスーツ選手権

はじめまして、コメント失礼します。

オリジナルモビルスーツ選手権 優秀賞おめでとうございます。
作りこまれた設定も凄いですが、特にマガノイクタチ弐式が目を引きますね。

オリジナルモビルスーツ選手権ですが、実は僕もspardaさんの横で受賞してたりします・・・(^^;)

今後ちょくちょくコメントさせて頂くかもしれませんが宜しくお願いします。
プロフィール

dmc sparda

Author:dmc sparda
趣味 ゲーム・プラモ(キャラクターモデル)etc・・・
職業 サラリーマン(製造業)

やった事のない事に挑戦してこそのモデラーだと思うんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード