スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモン育成論3

といわけで第三回にてございます。
その前にHGストフリの現状をば。
現在、残っている表面処理の部分は武器・機動兵装ウィングとなってます。
終わりが見えてまいりますたw
モチベもなかなかに維持できているので頑張っていきますよー。

では、育成論を。
今回は残り2匹です。

エビワラー
性格 意地っ張り 特性 鉄の拳 持ち物 達人の帯
個体値 31-31-20-[21~22]-26-31
努力値 H 204 A 252 S 52
実数値 151 172 94 45 128 103
 技  インファイト・冷凍パンチ・雷パンチ・バレットパンチ

うちの対ノーマル耐久用ポケです。
努力値はA全振り、Sを6振り81続抜き調整、残りHです。
うちのptはこの子を入れる前はポリ2の突破方法がシャワによる毒毒で粘りきる位しかなかったのです。
ちなみに輝石ラッキーはほぼ突破不可でした。
格闘技が飛び膝じゃ無くてインファなのも対ラッキー想定です。
外しが怖すぎるので。
残りの技は色々といじってる途中だったりします。
バレパンなのはタスキゲンガーにボコられたことがあるから。
はじめは雷パンではなく炎パンを入れてたのですが、ヤドランがきつすぎたので変更。
変えた瞬間ヤドランとは当たらなくなったのは内緒w
特殊耐久はかなり硬いのでなかなかに活躍してくれる子です。
シャンデラ対策にストーンエッジも欲しいのですが何を抜くかが問題。
さしあたってシャンデラに困ることも少ないので現状はこのままで。
この子の最大のメリットは使ってみた感じで簡単に技構成の変更ができることなのでw

アギルダー
性格 控えめ 特性 粘着 持ち物 銀の粉
個体値 31-[4~5]-[2~3]-26-31-30
努力値 H 52 C 248 S 208
実数値 162 69 46 163 80 191
 技  虫のさざめき・目覚めるパワー炎・とんぼ返り・命懸け

うちの対ラティオス対策です。
Sは最速120族抜き抜き調整、Cは全振り、残りHです。
この子のS調整は結構悩みました。
とりあえず考察してみてはじめに思ったのは臆病にしろ控えめにしろSに全振りにするメリットはほとんどないかなー、ということ。
特に臆病全振りはスカーフ80族にちょうど1負けているようです。
それに、控えめにして銀の粉を持たせると無振りラティがちょうど確1。
これならもう臆病の選択肢はないな、と。
で、最速ラティ抜きは確定。
あとはいくつか候補があるのですが、
・125族抜き(マニューラ想定)
・120族抜き(フーディン・ジュカイン・ダグトリオ)
・115族抜き(スターミー・チラチーノetc)
・113族抜き(ジャローダ想定)
・111族抜き(ボルトロス・ランドロス)
この辺が候補かと。
116族はエルフーンとゼブライカなんですが、エルフーンは最速にしてることは少ないだろうということ、ゼブライカはそもそもあまり見ないことから除外しました。
うちの子の場合、厳選を妥協したので先制技で致命傷になりますw
よってマニューラは放棄。
あとはpt次第といったところではあるのですが、とりあえず120族抜きにしようと思ったら努力値の関係上ちょいと余ったので120族抜き抜きにしてます。
ちなみに111族抜きは有効打がめざパ・命懸けくらいしかないのであんまり意味はないかなー、とも。
ちなみに、めざ炎個体を出す過程でこの個体よりもはるかに優秀な氷・電気・岩と出て、それらも育成済みなので意外と融通が効いたりしますw
まぁそんな個体が出ているという時点でなぜ妥協したのかを推し量ってもらえると幸いです・・・
ちなみにめざ氷個体は2匹出てます・・・
めざ炎にしてますが、こいつをハッサムの前に出したらバレパンで落ちかねないですし、ナットレイは確2なので使い勝手はびみょん。
いろいろ個体は出てるので入れ替えてみてもいいかとは思ってます。

こんなところですかね。
現在、devil may cry HDを入手しハマってるので当分ポケモンをするつもりがありませんw
マジで楽しーw
それでもプラモのモチベが下がらないので非常にいい感じです。
次の更新は来週の水曜日予定。
では、また次回までごきげんよう。
スポンサーサイト

ポケモン育成論2

はい、では需要が激しくびみょんなポケモン育成論でござい。
その前にHGストフリ近況報告。
現在下半身と胴体まで表面処理第1段階終了。
残りは頭部・両碗部・バックパック・武装等で、これらが終わり次第サフを吹いて最終チェック→塗装になります。
結構個人的には順調に進んでる感じです。
なんとか今月中には塗装に入れるんじゃないかな?

では、使用ポケモンの育成論。
今回は前回の2匹に次いで選出率の高い2匹です。

ドンファン
性格 意地っ張り 特性 頑丈 持ち物 ラムの実
個体値 31-31-30-[10~13]-[26~27]-31
努力値 H 4 A 252 S252
実数値 166 189 140 63 78 102
 技  地震・ストーンエッジ・我武者羅・氷の礫

おそらく現環境で一番ベタなドンファンの型であろう意地っ張りAS全振りです。
頑丈の強化によってかなりの使い勝手の上がったポケモンですね。
実際すごく使いやすい。
シャワダースに次いで3番めに選出する機会は多いと思います。
理由としてはシャワダースではきついランターンに対してかなり強いから。
ランターンがSに降っていることはかなり稀なため、後だしからでも狩れる事がかなり多いです。
対面したらほぼ確定で潰せますね。
持ち物のラムは頑丈潰しに撃ってくる事が多い状態異常技対策。
これもかなり安定の持ち物ではいないでしょうか?
ちなみに、耐久無振りですが物理技で1発で持っていかれることはまずないですね。
特殊技でもめざパ位なら余裕で耐えてくれます。
頑丈が潰されてもそこそこ立ちまわれるのがいいですね。

キリンリキ
性格 控えめ 特性 草食 持ち物 命の珠
個体値 [18~19]-[28~29]-31-30-31-30
努力値 B 4 C 252 S 248 残り4どこだ・・・
実数値 139 89 86 155 85 136
 技  サイコキネシス・10万ボルト・エナジーボール・目覚めるパワー炎

夢特性控えめCS全振りです。
結構絶妙な数値になる子で控えめS個体値U努力値248振りでちょうど最速71属抜きになります。
これは、まぁ分かるとは思いますが最速キノガッサ抜きです。
まぁ正確にはキノガッサはS70属ですが。
この子は対キノガッサ・ナットレイ用に育成しました。
なので控えめS全振りで70属が抜けると判った時には嬉しかったですね。
現環境でキノガッサ・ナットレイはかなり良く見るので選出頻度は高いです。
ちなみに火力はH振りローブシンがちょうど確1位。
H振りフシギバナは中乱1。
ナットレイはめざ炎で確2です。
ちょっとナットレイ硬すぎるだろう・・・
それ以外にもうちのptでは貴重な草技持ちです。
この子の夢特性はいまいち知られていないらしくガッサやナットレイはシャワーズ相手にポンポン草技を撃ってきます。
て言うか普通に対面してても撃ってくることがあるくらい。
ついでに言うとうちのptはパッと見、草タイプがかなり刺さるので相手に草がいたら選出は確定的になります。
よって、この子も選出率はかなり高めですね。

こんな感じの2匹でした。
次回は残りの2匹を紹介。
次回更新は来週の火曜日予定。
では、また次回までごきげんよう。

ポケモン育成論

HGストフリが表面処理に入って正直書く事がないので自分が今現在運用しているポケモンのptを書いてみようと思います。
需要何ざ知らねぇ!!

とりあえずpt紹介。
サンダース
シャワーズ
ドンファン
キリンリキ
エビワラー
アギルダー

シャワダースをメインにその2匹ではきついポケモンを他の子で埋めている訳です。
とりあえず今日はサンダースとシャワーズを詳しく紹介。
2匹とも結構前に育てたので正確な個体値を覚えてないんですけどね・・・

サンダース
性格 臆病 特性 蓄電 持ち物 こだわりスカーフ
個体値 [23~24]-[20~23]-16-31-27-31
努力値 H 156 C 252 S 108
実数値 156 72 73 162 113 180
 技  雷・10万V・ボルトチェンジ・目覚めるパワー氷 

Sは111族(トルネロス・ボルトロス)抜き調整。
Cは全振り、残りHです。
耐久面で言うと控えめシャンデラの大文字確定耐え。
初めはスカガブ想定で育成していたのですが、殻を破る後パルシェンにボコられたので抜くように調整し直し、もうちょっと振ればコピペロス抜けるじゃんと思い今の振り方に落ち着きました。
電気技が3つ入っているのですが、使い勝手は全く別なので問題はないですね。
むしろほかの技を入れても使わない。
個体値はかなり妥協しました。
もう厳選がきつくてきつくて・・・
もうちょっとしっかり粘ればすいすい控えめキングドラ抜き調整のほうがいいかも。
現状でもかなり雨パには喧嘩が売れますけどね。

シャワーズ
性格 図太い 特性 貯水 持ち物 ゴツゴツメット
個体値 31-[14~15]-30-31-[28~29]-31
努力値 H 252 B 200 C 4 S 52
実数値 237 69 115 131 114 92
 技  熱湯・冷凍ビーム・シャドーボール・毒毒 

H全振り、Sは6振り70族抜き調整、残りBです。
この子はサンダースの厳選余りです。
どうみてもサンダースより個体値がいいですw
はじめはHBぶっぱで使ってました。
で、せっかくSがVなんだから調整してみようとして今の振り方に。
ただ、ダウンロード対策にBをもう2低くしたほうがいいかも。
わりと適当な振り方ですが臆病メガネラティオスの流星群・竜舞意地っ張りオノノクスの逆鱗を確定で耐えてくれます。
技もはじめは毒守食べ残し型でしたが、タスキがうざいことが多かったのでゴツメに。
それに伴って守るを外してシャドボに。
で、このシャドボがかなり使いやすい。
うちのptはかなり霊が辛いのですが、シャワにシャドボを入れてからかなり楽になりました。
シャワのシャドボは採用率が低く、あまり警戒されないのでかなり打ちやすいです。

この2匹がうちのpt主軸です。
次回は別の2匹を紹介。

次回更新は月曜日の予定。
では、また次回までごきげんよう。
あ、表面処理は割と順調に進んでますよ?

ほぼ終了

HGストフリの本体改修がほぼ終了しました。
ヤッホオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオウ
という訳でこれからは地獄の表面処理が待ち受けております。
このペースならなんとかガンプラ王にも出せそうです。
頑張っていきますよー。
では、また次回までごきげんよう。
プロフィール

dmc sparda

Author:dmc sparda
趣味 ゲーム・プラモ(キャラクターモデル)etc・・・
職業 サラリーマン(製造業)

やった事のない事に挑戦してこそのモデラーだと思うんだ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。